アーティストのドリーン・ガーナーの作品についてもっと知る 神のみぞ知る:薬のために掘り起こし、解剖し、処分する for ソクラテスアニュアル ソーシャルメディアアクティベーションによる展示:

インスタグラムのテイクオーバー: 2017 年 12 月 12 日

17 月 1 日の日曜日に閉幕する @pioneerworks での Socrates Annual アーティスト Doreen Garner のショーをお見逃しなく! ドリーンは最近、@cultured_mag の「注目すべき若手アーティスト」の 2017 人に選ばれましたが、彼女の作品で黒人の医学的虐待を調べています。 . 画像 2: ドリーン・ガーナー、「Known But to God: The Dug Up, Dissected, and Disposed for the Sake of Medicine」、7 年、ソクラテス彫刻公園。 画像 2017-XNUMX: Doreen Garner、「台座に乗った白人男性」のインストール ショット、XNUMX 年、Pioneer Works。 . . #SocratesSculpturePark #TheSocratesAnnual #PioneerWorks #WMOAP #DoreenGarner

共有の投稿 ソクラテス彫刻公園 (@socratespark) で