作品

あることが別のことにつながる: パート 3、2012 年熱気球、扇風機、セメント、木製車輪、自動車部品、鉄鋼65インチ × 70インチ × 70インチ (バルーンを膨らませた状態で600インチ × 600インチ)。

あることが別のことにつながる: パート 3 は、転覆した熱気球の中で、ダンス、音楽、変化する身体性によって蘇生する、実用的なインスタレーションとマルチメディア パフォーマンスです。 このプロジェクトは、巡回体の複数の見晴らしの良い場所を探索することで、労働と動きのテー​​マを呼び起こします。 ダンサーは風船の端から端まで移動し、それぞれがさまざまな障害物によって重み付けされ、膨張して変化する環境を調整しながら特定のタスクを完了するよう努めます。 Yonatan Gutfeld が吹くという行為の概念と身体性を中心に考案した PVC 管楽器のアンサンブルによって演奏される音楽。 演奏中、音楽家は空気の粒子を動かして風船を膨らませることに参加し、労働のアイデアを表現します。 観客は気球の中を自由に動き回り、進化する物語を目の当たりにします。

Special Thanks: ラース・フィスク、フィリップ・ブライアント、ティム・ロビンス、アレックス・ホール、エイミー・ウィカード

09 年 29 月のパフォーマンス イベント。 07月20日; XNUMX 月 XNUMX 日。 そしてXNUMX月XNUMX日

 

展示ブース