作品

「クロマキー超国家的」、 染物、飾り板旗8枚、各36×60インチ、表示サイズ可変
※この作品は保存のため、非表示にしています。

「ChromakeySupranational」では、Martina Onyemaechi Crouch-Anyarogbu(MOCA)が、ワックス防染技術で印刷された植民地主義の遺産を備えた一連の新しく構成された国民国家の旗を通じて、ナショナリストのイメージと象徴性を分解します。 このスタイルは、東アフリカと西アフリカの独立後の記念布と最も密接に関連しており、インドネシアのバティック織物工芸品を機械製造用の製品にオランダが適応させた製品として、独自の植民地時代の歴史を抱いています。 旗は、博物館のような定型的な解釈の説明をむき出しにする飾り額と対になっており、国の物語構築機関をさらに尋問しています。

スコット・リンチによる写真

<前へ | 次へ>

展示ブース