作品

2 年 1989 月 XNUMX 日ステンレス鋼、コルテン鋼8フィート×6フィート×3フィート

視覚芸術の内容は多面的です。 言葉で言い表せる部分もあるのに、内容が全くそうで残念な作品です。 したがって、以下はこれらの作品の全体的な内容を表現することを意図したものではなく、むしろそれらを理解するための出発点となることを意図しています。 この作品の最大の特徴は、自然界に言及する要素と人工物の世界に言及する要素の並置です。 これは、私たちが生物圏の破壊に向かっている道に関して、アーティストのXNUMXつの大切な傾向を反映しています。 XNUMX つ目は、人間と自然が健全で安定した生態系の一員としてこの地球を共有できるということです。 この共生(支配の概念と相容れない概念)の形は、自然と非自然の間の人類のあいまいな立場のあいまいさと混乱を反映するにちがいない。 第 XNUMX の主張は、人間と自然の穏やかな相互作用の達成と維持において、テクノロジーが果たすべき重要な役割を持っているということです。 テクノロジーは、自然を壊滅的に破壊する可能性を現在認識していますが、本質的にそうではありません。テクノロジーは自然の法則に従います。 そうしたいと思っても、テクノロジーを排除することはできません。 ただし、有利になる可能性があります。 人類の生存は、自然との関係に容赦なく結びついており、そのような生存が起こるのであれば、この関係を主題とする多くの真剣な熟考と行動が早急に求められる. これらの作品が、そのすべての複雑さと内的矛盾の中で、この挑戦​​の祝典として、そして前向きな解決策の達成可能性に関して、希望のモニュメントとして見られることが望まれます.

展示ブース

28年1991月26日~1992年XNUMX月XNUMX日 草の根アートエナジー