作品

1989年、イタカへ向かう途中木材、合板6フィート3インチ×4フィート×23フィート。

私の彫刻は、ツール、機能オブジェクト、または機械の一部に関連しています。 建築的な意味合いを考慮に入れているものもあります。 それらはまた、人間の胴体への連想を呼び起こすかもしれません。 これらの複数の読み取りを通じて、彫刻は表現と抽象の間の微妙な境界線をたどることができます。 イサカ I への道中 私にとっては、横になっている体の位置に関連する感情を暗示している明確な水平方向を持っています。 落ち着きと沈黙は、それらの感情の側面です。 このフォルムは周囲と連携しながら、潜在的な動きを示唆しています。 Bettinaに感謝します!

展示ブース

7年1989月11日~1990年XNUMX月XNUMX日 彫刻都市