作品

ジェシカ・グレイブルとの自尊心サロン: 自己保存シリーズ、2011

ニューヨークのアーティスト、クリス・ヴェリーンは、現在進行中の実写パフォーマンス アートワーク サイクルの新しいインスタレーションを発表します。 自尊心サロン、1996 年に設立されました。ソクラテス彫刻公園のために、Verene は友人、パフォーマンス アーティスト、彫刻家の Jessica Grable と協力して、これまでに上演されたパフォーマンスの最大バージョンを作成します。 ジェシカ・グレイブルの自尊心サロン: 自己保存シリーズ. Verene と Grable は協力して、人間の自己保存の必要性を強調する植物と衣装のアンサンブル、栽培された侵入植物種から作られた特注のトピアリー ガーデン、見知らぬ人/参加者が誠実で、彼らの生活の永続的な変化。 このプロジェクトはデイスパのようなもので、セラピーに費やす短い時間で、個人の生活に良い結果をもたらします。 アーティストと彼の「グループ ファシリテーター」のスタッフは、作品の期間中、訪問者、クライアント、聴衆を歓迎し、認知療法、マッサージ (タッチと非タッチ)、衣装の作成、オーディオ セラピーなど、さまざまな公的および私的な体験を提供します。 、およびアーティストが過去40年間の実践でクライアントの自尊心を高めることがわかったその他の活動。

展示ブース

7年28月2011日~XNUMX月XNUMX日 フロート11