グアダルーペ マラヴィラについて

Guadalupe Maravilla は、Whitney Museum of American Art、Metropolitan Museum of Art、Bronx Museum、El Museo Del Barrio、MARTE (エルサルバドル)、Central America Biennial X (コスタリカ)、Performa 11 などの会場で幅広く作品を上演し、発表してきました。 & 13、Smack Mellon、マイアミの ICA (2019)。 彼の作品は、MoMA、ホイットニー美術館、現代美術館 (フロリダ州マイアミ)、国立ソフィア王妃芸術センター (マドリッド) のパーマネント コレクションに含まれています。 彼はグッゲンハイム フェローシップ (2019 年) とクリエイティブ キャピタル (2016 年) の助成を受けています。 ニューヨーク州ブルックリンとバージニア州リッチモンドに拠点を置くマラヴィラは、現在、VCU の助教です。 彼は、ニューヨーク市の PPOW ギャラリーに代表され、そこで展覧会を開催しています。XNUMXつの祖先の胃、' 26 年 27 月 2021 日から XNUMX 月 XNUMX 日まで表示されます。

アセルカ デ グアダルーペ マラヴィラ

Guadalupe Maravilla ha realizado y presentado su trabajo ampliamente en espacios como el Whitney Museum of American Art、Metropolitan Museum of Art、Bronx Museum、El Museo Del Barrio、MARTE (エルサルバドル)、Bienal de Centroamérica X (コスタリカ)、Performa 11 & 13, Smack Mellon, y el ICA de Miami (2019). MoMA、ホイットニー美術館、現代美術館 (フロリダ州マイアミ)、ソフィア王妃芸術センター (マドリッド) などに所蔵されています。 Ha sido beneficiario de una beca Guggenheim (2019) y una beca Creative Capital (2016). Con sede en Brooklyn, NY y Richmond, VA, Maravilla es actualmente profesor asistente en VCU. 26 年 27 月 2021 日、XNUMX 月 XNUMX 日、PPOW Gallery の代表作「Seven Ancestral Stomachs」が公開されました。

作品

「レタブロ ビルボード」、2021 年ビニールプリント12×28フィート

「レタブロビルボード」
ビニールプリント
12 x28フィート

ブロードウェイのビルボードで、マラヴィラは拡大されたレタブロを提示します。これは、移民をたどるときに出会った第XNUMX世代のメキシコ人アーティストであるダニエルビルチスと共同で制作された小さな献身的な絵画です。 マラヴィラにとって、このコラボレーションは、社会から取り残された人々と相互扶助を中心とした実践を通じて構築しようとしているミクロ経済の一部です。 この絵は、先祖代々の薬用植物園でひょうたんやトウモロコシの穂をねじるなど、インスタレーションの一部である象徴的な素材のいくつかとともに、DiseaseThrowerの彫刻を作成するために使用される鋳造プロセスを描いています。


「レタブロビルボード」
Impresiónenvinilo
12x28パイ。

En la valla publicitaria de Broadway、Maravilla presenta un retablo ampliado –unapequeñapinturadevocional realizadaencolaboraciónconDanielVilchis、artista mexicanodecuartageneraciónqueelartistaconociócuandovolviórecorrersutrayectoriamigratoria。 Para Maravilla、estacolaboraciónformapartedeunamicroeconomíacentradaenpersonas marginadas y orientada a la ayuda mutua quepretendeconstruiratravésdesupráctica。 La pintura presenta elprocesodefundicionutilizado para crear las esculturas de Disease Thrower、junto con algunos delosmaterialessimbólicosqueformanpartedelainstalación、como calabazas enroscadasymazorcasdemaízdeljardínancestral/medicinal

「トリパ チュカ」、2021水性塗料寸法可変

「トリパチュカ」
水性塗料
寸法可変

Maravilla は、エルサルバドルで幼少期を過ごした「トリパ チュカ」 (「腐った腸」) と呼ばれるゲームを拡張しました。プレイヤーは決して触れない線を同時に描き、薬用植物の円の中に一時的なアートワークを作成します。 アーティストの「Tripa Chuca」の絵は、彼の彫刻に組み込まれたり、ギャラリーの壁に飾られたりすることが多いため、Maravilla が屋外でゲームをプレイしたのはこれが初めてです。 このプロジェクトでのマラヴィラの共同研究者は、マラヴィラと同じようにがんサバイバーです。 彼らは一緒に、個々の旅を地球上の XNUMX つの別々の線として刻み込み、交差することなく公園全体を移動して操縦し、儚い地面の絵を作成しました。

 

 


「トリパチュカ」
水彩絵の具
ディメンション変数

Maravilla parte de un juego de su infancia en El Salvador llamado “Tripa Chuca” (“tripas podridas”), en el que lxs jugadorxs dibujan simultáneamente líneas que nunca se tocan, para crear una obratemporal en el interior del círculo de plantas medicinales. Los dibujos de 'Tripa Chuca' del artist suelen incorporarse a sus esculturas o presentarse en las paredes de las galerías, por lo que esta es laprimera vez que Maravilla realiza el juego al aire libre. El colaborador de Maravilla en este proyecto es, como él, un superviviente de cancer. Juntos Plasmaron sus viajes individuales como dos líneas separadas en la tierra, viajando y maniobrando a través del Parque sin cruzarse, creando un dibujo efímero en el suelo.

'Disisese Throwers' (#13, #14) インスタレーション', 2021キャスト アルミニウム、スチール チューブ、多彩な溶接ディテール寸法可変

画像クレジット: サラ・モーガン、スコット・リンチ、

「病みつき者」(#13、#14)インスタレーション
キャスト アルミニウム、スチール チューブ、多彩な溶接ディテール
寸法可変

このインスタレーションは、病気と移住の経験を反映したアーティストの進行中の「Disease Thrower」シリーズの XNUMX つの最新の彫刻を提示します。 そびえ立つ、トーテム的でねじれたフォルムは、サンゴの形成を思い起こさせ、主にリサイクル アルミニウム キャストの水膨張ゲル ビーズとステンレス スチール チューブから構成されています。 彫刻は、音浴中に作動する XNUMX つの大きなゴングと、アーティストの個人的な癒しの旅に関連する鋳造果物、野菜、装飾皿、その他のアルミニウム部品を含むさまざまな象徴的な要素を特徴としています。 これら XNUMX つの神社のような楽器の構造は、展覧会の祭壇スペースの中心的な要素を作成します。

薬用庭園は、「病気の治療者」の彫刻の周りに 60 フィートにわたる 19 つの半円を作成します。 この庭園には、アメリカ大陸の先住民コミュニティにとって重要な作物であるとうもろこし、かぼちゃ、豆などの XNUMX 姉妹のほか、バラ、タバコ、癒し効果のあるさまざまな植物が植えられています。 植物のベッドは、植物のベッドを保護するために設置され、神聖な薬用植物と、Covid-XNUMXパンデミックの開始時に儀式の一環として切断されたアーティスト自身の編んだ髪を参照するために、ねじれたアルミニウムワイヤーで隙間を空けられています。

ヒーリング サウンド バスの間、携帯用の八角形のスチール ホルダーは、アーティストやサウンド ヒーラーが演奏する追加のゴングを固定します。 設備の中央にあるアルミニウム製のファイヤー ピットは、サウンド バスの起動時にも利用されます。


「病みつき者」(#13、#14)インスタレーション
Aluminio Fundido、tubos de acero、detalles soldados variados
ディメンション変数

Esta instalación presenta las dos ultimas esculturas de la serie Disease Thrower, que reflexiona sobre experiencias de enfermedad y migración. Estas formas totémicas y retorcidas evocan formaciones Coralinas y están construidas principalmente con perlas de gel expansivo de aluminio reciclado y tubos de acero inoxidable. Las esculturas cuentan con dos grandes gongs que se activan durante los baños de sonido y una serie de elementos simbólicos, como frutas Fundidas, verduras, platos decorativos y otras piezas de aluminio relacionadas con el viaje personal de curación del artista. Estas dos estructuras instrumentales a modo de santuario constituyen el elemento central del espacio-altar de la exposición.

Un jardín medicinal configura dos semicírculos en torno a las esculturas Disease Throwers, que se extienden a lo largo de 60 pies. El jardin incluye las Tres Hermanas –maíz, calabaza y frijol–, cultivos clave para las comunidades indígenas de Americas, junto con rosas, tabaco ydiversas plantas con propiedades curativas. Los parterres están intercalados con alambres de aluminio enroscados instalados para proteger los lechos de plantas y como referencia a plantas medicinales sagradas, así como al propio pelo trenzado del artista, que se cortó como parte de unritual al principio de la pandemia de Covid-19 .

Durante los baños de sonido curativos, unos soportes octogonales deacero portátiles sostienen otros gongs adicionales que hacen sonar el artista y lxs sanadorxs de sonido. También se utiliza una hoguera de aluminio en el centro de la instalación durante las activaciones de los baños de sonido.

展示ブース

15年6月2021日~XNUMX月XNUMX日 「プラネタ・アブエルクス」グアダルーペ マラヴィラ