作品

ドアベルの修理方法、2008 年合板、砂利、音16フィート×30フィート×45フィート

音と彫刻を組み合わせたカレルは、木製のミニマルなフォルムを構築し、そのいくつかは長方形の砂利床で囲まれ、モダニズムの論理とデザインが融合した日本庭園の環境を想起させます。 付随するサウンドは、歌が複雑で変化に富んだ鳥であるオーストラリアのカササギを中心に構築されたレイヤード コラージュです。 音は他の要素と密接に結びついて独自の聴覚生態系を形成します。

<前へ | 次へ>

展示ブース