*2020 New York Community Trust Van Lier アーティスト フェロー

作品

「ワックスモニュメントIV(フリーワックス)」、2020年ワックス; 芯; そしてマルチ旗: 72 × 132 × 8 インチ、クイーンズ マルチ マップ: 180 × 180 インチ
ニコラスナイトスタジオによる画像; KMDecoクリエイティブソリューション:Mark DiConzo; とサラモーガン

「ワックスモニュメントIV(フリーワックス)」について

生きた歴史のモニュメントであるこのワックス フラグは、複数の芯から発火することができ、クイーンズ区のような形をした粉砕された黒い土台に垂直に置かれます。 白黒でレンダリングされたワックス フラグは、米国自身の旗と愛国心の象徴を連想させますが、同等ではありません。 変革の可能性を秘めたこの作品は、参加、マーク作成、溶解、順応性のあるシンボルの成形を招きます。

音声ガイド

以下をクリックして、アーティストが作品について語るのを聞いてください。

音声ガイドトランスクリプト

こんにちは、私の名前はサンディです。 公園を訪問していただきありがとうございます。これは、スペースへの私の貢献、Wax Monument IV (Free Wax) です。 このメッセージがあなたを元気にしてくれることを心から願っています。 すべてが正しく機能している場合は、以前は 6 フィート x 11 フィートの黒と白のワックス フラグだったはずです。 それが立っているベースは、私たちが「クイーンズ」と呼ぶかもしれないものの形をしたマルチマップです. この蝋人形シリーズは、歴史的建造物を小さなろうそくに変えて広く配布することから始めました。 このシリーズの 4 回目のイテレーションを作成するために、私はその形を木で作り、一連の週にわたって層ごとにキャストしました。 私はこの旗を一種のオファリングとして作りました。 今では私たちの旗です。 あなたがそれでやりたいことをするようにあなたを招待します。 私にとって、このオブジェクトで威圧的なエージェンシーを与えることは、私たちの国民の多くの部分が欠けている一種の民主主義を活性化します。 私たちが管理されていない空間と呼んでいる、私たちがエージェンシーを欠いている私たちの公共の部分。 美的環境の側面を決定する力を人々に与えることは、新しい種類の解放のように感じます. このモニュメントを溶かして、物を持ってきて、足して、彫って、タグを付けて、想像力を働かせて、このオブジェに歴史を刻んでください。 歴史を作るとはどういうことかを黙想してください! ご配慮ください。 みんながここで快適に過ごせることを願っています。 敬具 サンディ・ウィリアムズ IV

スペイン語で

はいはい、私はサンディです。 Gracis por visitar al parque, y mi contribution al espacio, Monumento de Cera numero quarto (Bandera Libre). Espero que estes bien. Si todo está funcionando correctamente, deberías estar mirando, lo que quizás era antes, una bandera de cera blanca y negra de seis por once pies.La base de mantillo de la obra tiene la forma del mapa del area conocida como “Queens”. Comence esta serie de Monuentos de Cera, usando las formas de Monumentos históricos, y convirtiéndolas en velas pequeñas para distribuyéir en masa. En esta cuarta obra de la serie, construi esta forma de madera y capa por capa y la fundi durante varias semanas.Hice esta bandera como una ofrenda. アホラ エス ヌエストラ バンデラ。 Te invito a hacer lo que quieras con élla. Para mi, darles aGENcia sobre este objeto activa una demo-CRA-cia que no existe en tantas partes de nuestro espacio público, partes de nuestros espacios públicos, donde no tenemos aGENcia, que yo llamo espacios no emancipados. Darle a la gente el poder de determinar un aspecto de su entorno estético me parece un actoradical. Derrite esta bandera, traele y agrégale cosas, raye y marke la bandera y usa tu imaginación mientras le pone su mano, agregandole a la historia de este object. お願いします、medite sobre lo que significa hacer historia! Espero que todos se sientan comodos aquí. アテンタメンテ、サンディ・ウィリアムズ IV

プログラミング

ウィリアムズIVは一連の 仮想プログラム 2020 年のソクラテス アーティスト フェローによって制作されました。

会話中:Andrea Solstad、Kiyan Williams、Sandy Williams IV

Instagramの買収:Sandy Williams IV

展示ブース

「今のモニュメント」

パートI: ジェフリーギブソン, ポール・ラミレス・ジョナス, シャビエラシモンズ
パートII: '呼び出しと応答'
パートIII: '次世代'
+ ブロードウェイビルボード &「話しましょう 

<前へ