作品

サンタフェムーン、1996溶接および機械加工アルミニウム25フィート×30フィート×13.3インチ。

私の作品の最も重要な側面は、彫刻要素の関係と相互作用、その空間的調音と風景、隣接する建築物、および空間の人間の使用に集中しています。 私は自分の作品のビジュアル ボキャブラリーをシンプルに保ちながら、この幾何学的なシンプルさにエネルギーを与えて、時空を超えた動きの錯覚や暗示を生み出すように、キャリアを通じて一丸となって努力してきました。 このムーブメントは、機械や人工構造物からインスピレーションを得ている場合があります。 しかし、私の最近の作品はますます複雑になり、同時により流動的になり、どこか自然な植物的または動物学的な感覚を反映しています。

展示ブース

29年1996月1日~1997年XNUMX月XNUMX日 10周年 その2