作品

自給自足の納屋 (2004 人家族を養うのに必要な家畜の年間量)、XNUMX 年発泡スチロールステア: 64" × 76" × 34"; ピッグ: 33" × 51" × 15"

自給自足のバーンヤード 発泡スチロールを切り出した42体の等身大動物のインスタレーション。 もともとコネチカット州リッジフィールドのアルドリッチ現代美術館で制作、展示されていたこのインスタレーションには、豚 3 匹、羊 3 匹、雄牛 1 匹、鶏 30 匹、ウサギ 5 匹が含まれており、すべてコンピューターで生成された動物に似せて意図的に彫刻されています。 無色で 3 次元のデジタル化されたフォームは、土地から離れて暮らす生活をハイテクで表現しています。 自動化された建造物と人工の素材を、それらが表す有機的な形に並置することは、現代生活のアナロジーであり、私たちが栄養源からどれだけ離れているかを示しています。

展示ブース