作品

フローティングシネマ、2003浮遊映像上映装置、カラー映像、音響

フローティングシネマ すべての公共空間の中で最も感情に満ちた場所の XNUMX つである夜の水際に生息する変革のジェスチャーとして存在します。 何の前触れもなく鑑賞者の知覚領域に入り込みたいという衝動に突き動かされたルビンは、岸からラジコン送信機を介してフローティング スクリーンの動きを注意深く制御しながら、イメージ (ビデオ) とサウンドを投影します。 シネマクラフトを推進する静かな電気モーターと、動画を生成する視聴覚機器の両方が、生態学的にクリーンなディープサイクルバッテリーから駆動されるため、白鳥のように静かに水上を滑空します。

展示ブース

9年31月2003日~XNUMX月XNUMX日 フロート03