作品

アクアルミナ、1996アルミ、スチールケーブル200フィート×6フィート

川の表面は両面です。 片面には既知の世界が映し出され、もう片面にはあまり知られていない世界が映し出されます。 同じ肌の両面。 表面にあるオブジェクトは、反射によって異なる影を落とします。 アクアルミナ ソクラテス公園の北端から南端まで、ハレットの入り江に架けられています。 ウェールズを拠点とするガーナの詩人、Fiifi Annobil による詩の冒頭と最後の行は、川の表面に光の中で影を落とすためにパネルから切り取られています。 橋は、風、水、光、影、反射、透明性、サスペンション、張力、たわみ、動きなどの現象を観察するためのアリーナを作成します。 イースト リバーの潮は、橋の腹に近づいたり下がったりしながら 8 フィート上下します。 それらは、境界を示唆するだけの空間の線と枠であり、風や要素によって揺れ動く可能性があります。

-アクアルミナ/砂漠の花/聖人の鏡/エニグマの渦/祖先の涙/スウィフト・アリュール – 歌え。

展示ブース

29年1996月1日~1997年XNUMX月XNUMX日 10周年 その2