作品

ラス プエルタス デ オリオン、1990 年塗装スチール28フィート×5フィート×14フィート

母なる大地の息子とされるオリオンの起源にちなみ、ラス・プエルタス・デ・オリオンは、まるで地球の核から出てくるかのように堂々と立ち上がります。 これらの巨大なまぐさは、アトラスによって守られている夜の冬のサイクルへの通路を示しています。そこから神殿、黄金の鎧、服を脱いだオリオンの背中が現れます。

展示ブース

23年1990月1日~1991年XNUMX月XNUMX日 ノーマンズランド