作品

誰がどこで、2005ペナントへのテキストのインストール

もともとモントリオールの近所のグループのために制作された、 誰がどこで は、アイデンティティ、場所、モビリティの集合的な可能性について疑問を提起する詩的なテキストです。 フロートに適応したアリアスは、サイトと美的に調和した作品を再現しました。 Float の各週末に、詩の XNUMX 行目から XNUMX 行目までが最後の行と個別にペアになります。 全体として、私ができるとしたら私は誰になりますか/私ができるとしたらどこに行きますか/私が声を持っていたら私は何を言いますか/あなたが知っている今どこに行きますか.

展示ブース

13年28月2005日~XNUMX月XNUMX日 フロート05