作品

ヴィトリン、1999

1998 年の冬、私はソクラテス彫刻公園を訪れ、米国、公園局、市の旗と旗竿の存在感が際立っていて、芸術家の個人的なビジョンとは対照的であることに驚きました。 旗と旗竿は両方とも、彫刻公園内の社会政治的空間と異常なオブジェクトの多様なセットの宣言ですが、それらが何を意味するのか、またはそれらを構築する語彙についてはこれ以上議論しません。 私は、彫刻と密接な関係にあるこれらのオブジェクトがどうなるかを発見したかったのです。

Vitrine (旗のための建築) 旗と旗竿を取り囲む入場可能なエンクロージャーであり、他の方法よりも人々を旗に近づけます。 Vitrine は、自分が属している、または除外されている可能性のある制度的複合体を熟考したり、包み込んだりするための反射的な空間です。 この作品は、「Long May It Wave」と「Don't grow old, don't fad away」の摩擦です。

Vitrine (旗のための建築) 彫刻、必然的に私有財産にぶら下がっている公有地の民営化、(非)自由の身体性の展示。 私が魅力的だと思ったのは、あるものに新しいものを認識させる可能性だけでなく、自分の顔だけでなく知っているイメージ(そのイメージ)をオブジェクトに再投資するように強制する可能性でもありました。

展覧会

26年1999月16日~2000年XNUMX月XNUMX日 Ozymandias
16年15月1999日〜XNUMX月XNUMX日 7,840,800立方フィート