作品

2012 年、ニュージャージー州メドフォードの孔雀墓地の説教壇木、魔法の彫刻、塗料、音66”×48”×36”

ニュージャージー州メドフォードの孔雀墓地の説教壇、事実とフィクションの間で揺れ動く抽象化されたモニュメントです。 このマルチメディア インスタレーションでは、1777 つの説教壇から絶え間なく鳥が鳴き、目に見えない説教者から理解できない説教が発せられます。 このインスタレーションは、XNUMX 年にワシントン陸軍で働いていた火薬製造業者のアドニヤ ピーコックが爆発で首を切られたという話への不可解な暗示です。本物のアドニヤ ピーコックは、ディキンソンの故郷の近くに埋葬されており、彼の魅力と想像力の対象となっています。

Special Thanks: マイカ・ルース

 

展示ブース