作品

オボル、2012手漕ぎボート、ペニー、ミクスト メディア23インチ×48インチ×141インチ

ちょうど沖合で、XNUMX セント硬貨で満たされたこの手漕ぎボートは謎めいたように水の中で待機し、水の重要な資源の周りで開発された経済的および精神的繁栄の神話的および現代的な概念に注目を集めています。 作品のタイトル、 オボルは、死んだ魂をステュクス川を渡って冥界に連れて行ったフェリーマンであるカロンに支払うために、コインを死者の目や舌の下に置くというギリシャ神話に言及しています. 積み上げられたペニーの重さは、小さな、ほとんど価値のない通貨であり、船の均衡を崩し、船を沈める恐れがあり、安全と幸福に対する資本の負担を視聴者 (そしておそらく潜在的な乗客) に警告します。

Special Thanks: Lars Fisk、Tal Berry、Kent Johnson

 

展示ブース