作品

行間、2011各種塩ビ管、エナメル、ロープ約15フィート×50フィート×95フィート。

この彫刻は、遠くの地平線に消えていく電柱が立ち並ぶ通りの一般的な遠近法のスキームをふざけて再解釈しています。 色の密度、高さ、厚さを徐々に減らして空間を後退させるのではなく、これらのポールと吊るし線を公園の中心全体に一見ランダムに配置し、公園の内部と外部のスカイラインの両方のスケールと奥行きを混乱させています。

展示ブース

8年7月2011日〜XNUMX月XNUMX日 ビスタ