作品

男はどこにいても男だ、2004彫りの丘、稲わら、プラセイル20フィート×30フィート×15フィート

男はどこにいても男だ タイトルは、1971 年にトール ヘイエルダールが大西洋での航海について書いたナショナル ジオグラフィックの記事に由来しています。 稲わらの船体と木製のマストを備えたローレンツの彫刻は、ヘイエルダールのボート Ra II を解釈したものであり、文化的および物理的な地理のナビゲーションのメタファーとして機能します。

<前へ | 次へ>

展示ブース