作品

「無題」、 寸法可変

公園内のさまざまな場所に設置されたマーティン・ロスのサウンドスケープは、訪問者に、人間/動物、人工/自然、自然/文化の想定されるバイナリを再考するように求めています。 合成されたオーディオは、動物の鳴き声、鳥のさえずり、カエルの鳴き声、クリケットの鳴き声などを再生し、iPhone、エアコン、船のホーン、車の警報などの人間の発明の音を模倣します。 このウォーターフロントの都市公園内の木々から発せられるこの作品は、世界の未来の風景の不思議な印象を生み出します。

スコット・リンチによる写真

音声ガイド

 

<前へ | 次へ>

展示ブース