作品

ちょうどいい角度から見た桃は、敷居や地平線と交流し、一方は小屋に、もう一方は木に触れています, 2011木材、アルミニウム、スチール、コンクリート、PVC約9フィート×11フィート×50フィート。

単一の視点から見ると、スタンドアロン オブジェクトのグループが整列して、固有のオブジェクトが特定の環境 (スカイライン、東の川、フェンス、小道、草) に反応し、風景を彫刻素材として組み込むトーテム彫刻が作成されます。 この作品は、空間と被写界深度を圧縮し、物理空間の慣習を利用して、XNUMX 次元の作品を見る体験を模倣しています。

展示ブース

8年7月2011日〜XNUMX月XNUMX日 ビスタ