作品

ギャラリーガーデン(ジャスパー・ジョンズ)、2008年アートギャラリー、土壌、植物から再生された乾式壁と木材約。 12フィート×12フィート×4フィート

アーティストは、ギャラリーやアート フェアの壁を再利用して、自生の草や花のためのマルチレベル プランターを作成し、座席スペースを提供しています。 壁の以前の状態は、手付かずの空間から自然の中に引き出されるにつれて、物理的にも概念的にも挑戦されます。 アーティストは、乾式壁などの材料を創造的にリサイクルすることにより、展覧会の変化に伴う建材の絶え間ない廃棄に取り組んでいます。 乾式壁からの石膏は、庭の土壌補助剤として代わりに使用できます.

展示ブース