作品

祠 (地獄門番), 2021回収されたオークの木、エポキシ樹脂、アクリルウレタン、砂利、スチール

写真:スコット・リンチ。 ソフィー・キョルム・オーストリード

神道のスピリチュアリズムに触発された、福山モコの 祠(地獄の門番) ルアーのフォルムと機能から着想を得たモノリシックな木製彫刻群を特徴としています。 日本固有の宗教である神道は、人間、「神」(神々)、および自然界との調和のとれた関係を育むことを目指しています。 祠(地獄の門番) また、福山の日本での生い立ちとレクリエーション スポーツ フィッシングでの彼女の経験も利用しています。 丸太から彫られた「ルアー」は、その曲線、木目、こぶが福山の彫刻的介入を伝えており、風景に内在する性格を発展させるという神道の遺産に敬意を表しています。 没入型のモニュメントとして、 祠(地獄の門番) 希少性の原則の影響を受けやすい、自然の豊かさの象徴として魚や森を提示します。 彫刻に使用された樫の木は、ロングアイランドのオイスターベイにあるイーストウッズスクールから寄贈され、2012年にハリケーンサンディによって倒された後に再利用されました。

アーティストについて

 

ポーラ・コートによる画像、2021年。

福山萌子は、ニューヨークのブルックリンを拠点に活動する日本人アーティストです。 彼女の作品は、ストーリーテリングと個人的な物語の芸術によって推進されています。 彼女はアートを通じて、社会経済の現実と日常生活の心理を探求するために、開放的で共感的な空間を作り出しています。 福山は、Rema Hort Mann Foundation、Jerome Foundation、Foundation For Contemporary Arts、SOHO20、MacDowell、Yaddo、Recess、The Shed などの著名な芸術機関から助成金、フェローシップ、コミッションを受けています。 Yo!とコラボしました。 ヴァイナル・リッチー、恩田アキ、ヴァージニア・オーバートン、ライアン・フォースター、ハンナ・ブオナグロ、サム・モイヤー、アイダス・バレイキス、メレディス・スパークス、ラッキー・デベルビュー、ピーター・ブシジ、ケビン・デイヴィス、トラヴィス・サッチャー、ライアン・マグワイア、ペイジ・ネイラー、ウッディ・サレンダー、コナー・オーウェンズ、アンナ・ローゼン、ベニー・メリス、ジョエル・モリソン、マリア・チャベス、ノア・スパークス、工藤希希、羽鳥美穂、チャック・ベティス、アーロン・サッグス、その他多数のアーティスト。 彼女は現在、ISCP (International Studio & Curatorial Program, Brooklyn, New York) のレジデントです。 彼女は、ミネソタ州シェーファーにある 2021 年フランコニア彫刻公園フェローです。 彼女の最新プロジェクト「American Recordings, Act I: American Harvest & Act II: American Frequency」は、2021 年春にニューヨークの The Kitchen によって制作され、上演されました。

ウェブサイト: モコ福山.com

Instagram: @ハッピーマウンテンズ

音声ガイド

以下をクリックして、アーティストが作品について語るのを聞いてください。

リクエストに応じて、オーディオ トランスクリプトを利用できます。

展示ブース