作品

オフィス用品のキュービクル、2014プレキシガラス、木材、事務用品12フィート×8フィート×8フィート

マット・カリナンの 事務用品キュービクル は、オフィスのキュービクルという見慣れた空間を取り上げ、それを現代の物質依存の状態に対応する消耗品のマトリックスとして再文脈化します。 既製の大量生産製品から構築され、パターン化された、 事務用品キュービクル これは現代の消費と蓄積の支配的な力学を示しています。

大量生産と均質化された基準の中で、物や人はその際立った特徴を失い、一方でどこにでもある大型小売店が消費者の飽くなき需要を促進します。 カリナンの小部屋は、フェティッシュ化された消耗品を強調しており、一見無害に見えるそれぞれの小さな製品が、現代のバベルの塔のレンガになります。

個室の壁にはカラーノート、バインダー、その他の事務用品が集められており、サイズも機能も親密な空間です。 それはある程度、神社を思い出させ、現代において私たちを本当に惹きつけるもの、そしてその価値についての対話に見る者を引き込みます。 当惑することに、 事務用品キュービクル それは消費そのものかもしれないことを示唆しています。

展示ブース

7年2014月22日〜2015年XNUMX月XNUMX日 EAF14