作品

無題、2011

このパフォーマンスのために、ウォルシュは高校時代のバックパックをアルミニウムで鋳造し、バッグの上で蒸気ローラーを運転して、オブジェクトをソクラテス彫刻公園の地面に押し込むことを計画しています。 埋立地としての公園の以前のタイトルに触発されたウォルシュのパフォーマンスは、重機が記憶と相互作用して消去用のオブジェクトセットを生成する設定を作成します。

展示ブース

7年28月2011日~XNUMX月XNUMX日 フロート11