24月11日土曜日 • 午前XNUMX時午後1時 •  事前登録が必要です  • 参加者 20 人 • すべての年齢層を歓迎 • 無料!

ファシリテーター:ジョセフ徳増フィールド

日本の伝統工芸におけるエコロジーとエコノミクスの交差点を考察しながら、楮紙のさまざまな可能性を探ります。参加者はアップサイクル素材から日本の伝統的なうちわを作り、機能性と持続可能な実践についてのイサム・ノグチのアイデアに取り組みます。

登録は24月12日午後XNUMX時に開始されます。利用できるウォークアップスポットの数には限りがあるため、事前登録をお勧めします。

ノグチ美術館について

ソクラテス彫刻公園でノグチ教育者が指導する一連の実験的な芸術制作ワークショップを通じて、自然とつながりましょう。これらのワークショップは無料で、あらゆる年齢層が参加できます。 18 歳未満のお子様には大人の同伴が必要です。利用できるウォークアップスポットの数には限りがあるため、事前登録を強くお勧めします。プログラム終了後、参加者全員にノグチ美術館のフリーパスがプレゼントされます。

ジョセフ徳増フィールドについて

ジョセフ・トクマス・フィールドは、ロンドンのリッチモンド大学でキュレーションとアートマネジメントの修士号を取得しています。彼は現在、バーンズ財団、グッゲンハイム、92 番街 Y およびノグチ美術館で教育者を務めています。彼は博物館の専門家、美術史の教授、そしてマルチモーダルの講師として XNUMX 年の経験があります。彼の教育実践は常に物よりも人間を中心にしており、探究ベースの対話を活用しています。最新の学問を利用して、彼は長年保持されてきた物語を再考し、社会から疎外されたアーティストに焦点を当てようと努めています。

画像クレジット: キャサリン・アボット