24月11日土曜日•午前1時–午後XNUMX時•  事前登録が必要です  • 年齢問わず歓迎 • 無料!

20名(全年齢)

**1 月 6 日のワークショップ #24 は XNUMX 月 XNUMX 日に変更されました。
私たちの体が気分が悪いことをどうやって知っているのか疑問に思ったことはありますか? 
あるいは、私たちの体はどのようにして痛み、空腹、その他の感情を伝えているのでしょうか? 植物はどうですか? 彼らは同じような内的刺激と外的刺激を感じますか?

私たちの体が内部と外部で感知したものを伝達する方法を調べることで、自分自身をケアする方法を理解し始めることができます. 感覚器官を介して意識をシフトする私たちの体の能力と、その環境に基づいて変動する植物の能力との類似点を見ていきます。 

各ワークショップでは、植物の治癒特性と、それが私たちの体の感覚受容器の XNUMX つとどのように関係しているかを探ります。  参加者は庭の力を活用し、病気の薬を作ります。 ワークショップ #2 と #3 は 2022 年 XNUMX 月に開催されました。 

**1 月 6 日のワークショップ #24 は XNUMX 月 XNUMX 日に変更されました。
(再スケジュールされた)最初のワークショップは、私たちの体、要素、植物の薬効との関係に焦点を当てます.  4体を映す共同薬草を作り、小さな薬草の束を作って持ち帰ります。 ワークショップ #1 への出欠確認はこちら—>

によって促進される ジャネット・ロドリゲス・ピネダ