に応答して 気候変動が人間の生息地に及ぼす影響についてのマッティングリーさんの懸念から、彼女は、 群れの家。 これらの構造物は、都市部や農村部などのさまざまな環境に適応できるように設計されており、居住区、コミュニティの集会スペース、農業用地など、さまざまな目的に使用できます。 

ソクラテスでは、これを使用すると、 フロック ハウス in 大潮の引き潮 展示会のニーズに合わせて進化し、成長する空間として始まり、住居へと進化していきます。 訪問者は、避難所、熟考、創造性のためにこのスペースを使用することができます。 このドームを囲む庭園では、夏の終わりに自然に写真を現像するために使用されるさまざまな植物が栽培されています。 コミュニティやアーティスト主導のワークショップの詳細については、 フロック ハウス、当社のウェブサイトをご覧ください。

オーディオガイド

メアリー・マッティングリー氏が語る フロック ハウス 展示会で 大潮の引き潮.

転写

メアリー・マッティングリー: フロック ハウス これは私が 2012 年に始めたプロジェクトで、既存のインフラに接続された小さな球体または生息地です。 多くの場合、周囲の建物の余剰部分を利用します。 彼らは、ポータブルガーデン、ソーラーユニットなど、小さなモジュール式システムを居住可能にするためのすべてを備えていました。 都市がより非公式に運営され始めるにつれ、気象現象、砂漠化、海面上昇による避難との関連性がますます高まるだろうと想像している。 エネルギー システムや水収集システムなどのリソースを共有します。 私は東海岸で育ちましたが、全国各地やその他の国に住んできました。 そしてこの旅人たち 群れの家 私は、仕事や居住のため、別の仮住まいに自分の持ち物を持ち歩き、時には非常に重いものを持ち歩き、いつもニューヨークの自宅に戻っていたので、建築物は私にとって特に関連性があると感じました。

また, 群れの家 浸水したアパートから引っ越し、家賃が上昇し空き部屋が不足している都市で新しい家を探した後、再び家にいるように感じました。 この夏、私はここに住むことになる 群れの家 時間に合わせてスタジオとしてもご利用いただけます。 部分的には、私は写真プロジェクトに取り組み、白黒プリントの現像を支援する染料園と写真園を実験します。 夏の後半に写真ワークショップが開催されますので、ぜひご参加ください。